台湾行ってプリペイドSIMを買ってみたよ。

2/5-7で台湾に行ってきました。

国内ではソフトバンクの契約なので、どうしても海外で試してみたいことがありました。
それは、海外でプリペイドSIMを購入してSIMフリーiPhoneの恩恵にあずかりたい!ということ。

自分が契約をしているソフトバンクでも海外パケット定額というサービスを行っていて、それを使うと1480円/Dayで使うことが出来ます。(2011/06/30まで)

ただ、それよりも安く使えるのであればそれにこしたことはないって事で、
事前に調べたところだと、TaiwanMobileがNTD300とかで通話できてNTD100/Dayでデータ定額ができるとかなんとかだったんですけど、自分が降り立った松山機場はそもそもTaiwanMobileがありませんでした。

松山機場では、中華電信一択しかありませんでした。

プラン的にはNTD300からあるようです。

約2日しかいないしNTD300のでいいかと思ってiPhone4を差し出したら、ちょっと待てと。
iPhone4は、電話は出来ませんがデータ通信専用のプランだけの提供になります。3日間でNTD250です。
3日間で約750円、個人的には十分なものでした。

※中華電信はカードが使えません。現金のみです。入国したらすぐに現金を両替しましょう。
あと、契約にはパスポートの他に、個人の証明書が必要です。自分は日本の運転免許証で行けました。

入手したSIMがこれ

iPhoneのPINがなくて、中華電信の窓口でも何もしてもらえなかった自分は焦りましたが街中に携帯電話ショップがあるのでお店のおねーさんに「開けて!」って言えば大丈夫でしょう。
カードを入れ替えると…
無事キャリアが変わりました。

あと、写真を撮り忘れましたが、テザリングの欄も出てきました。
PCも持っていれば、そのまま使えたんだろうと思います。(未検証)

日本の携帯メーカーも海外パケット定額を各社だしてきていますが、まだまだ高いのが現状です。
今回の自分の旅行ケースでもそのままソフトバンクのSIMを使っていれば4440円かかっていたでしょう。
それが750円ちょっと(単純に×3レートにしてます)で使えるのは大きいのではないでしょうか。

4月からdocomoでもSIMロック解除の携帯も出てくるようですし、現地で契約するのはちょっと敷居高いかもってのもあるんですが、こういう使い方もあるんだと参考になれば幸いです。

0 件のコメント :

コメントを投稿